家計に優しいお得な情報
家計の見直しに役立つ情報満載。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
繰り上げ返済の種類
繰上返済には、
ローン残高の全部を返済期間途中で返す「全部繰上返済」と、
残高の一部を臨時に返済する「一部繰上返済」があります。

通常利用するのは、
この「一部繰上返済」ですね。

残高の一部が減ることによって、
返済期間が短くなる「期間短縮型」と、
毎月の返済額が少なくなる「返済額軽減型」の
2つがあります。

オススメなのは、【期間短縮型】
返済額軽減型よりも、総合的に支払う利息が
少なくてすむのです。

また、繰上返済の実行時期は、
早ければ早いほど効果が高くなります。

それは、支払利息がローン残高に応じて変わってくるからで、
早いうちにローン残高を減らせたほうが、払う利息も少なくなるのです。

ただし、繰上返済には取扱機関やローンのタイプによって、
1回あたり数千円から3万円程度の手数料がかかることが多いので
手数料がかかる場合は、ある程度まとまった金額が用意できてから
繰り上げ返済した方がいいでしょう。

ちなみに我が家は、100万貯まったら
繰り上げ返済にあてます。

※何かあったときのために、
数十万は別にとっておいた方が無難ですヨd(-。・。)
スポンサーサイト

テーマ:節約 - ジャンル:ライフ

【2006/03/14 07:53】 | 家計の見直し |
住宅ローン
住宅ローンの金利って、
今はかなり安いんですよね♪

金利が0.1パーセント違うだけでも
何十万っていう金額が変わってきますから、
金利の安いうちに購入しましょうd(-。・。)

な~んて、簡単に決められる買い物じゃナイカw

でも、いつ買うにしても、
買う前に、どこでローンを組むか
しっかり選んだ方が良さそうですよ。

後で借り換え、なんていったら
100万くらい軽く飛んじゃいますw

うちは、住宅金融公庫で借りているのですが、
借り入れ当初の金利2.5%
そして、10年後から3.5%に上がります。

なので、金利が上がる前に、できるだけ返済しようと
必死なわけですw

ところが、あとからいろいろ調べると
金利のもっと安いところがゴロゴロでてくる・・・・

まあ、変動金利はキケンなので問題外ですが、
固定金利で、2.591%が
最大35年続くところもあるんですって(ノ_δ。)

10年後からの金利が
公庫と1パーセントも違う・・・・・・
ってことは、何百万の差があるんだか・・・

しかも、保証料(通常50万程度)が無料だったり
繰り上げ返済手数料(公庫だと3000~5000円)まで無料とか・・・

悔しいから、せっせと繰り上げ返済しちゃいますd(>(ェ)< )




テーマ:節約 - ジャンル:ライフ

【2006/03/09 17:08】 | 家計の見直し |
ランキングに参加しています

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
くつろぐブログランキング
↑1日1クリックお願いします<(_ _)>

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

訪問者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。